トップへ戻る

背を伸ばす食べ物はこれ!

背を伸ばすなら低脂質高タンパクの食事を心がける

 

背を伸ばしていくための栄養素は色々ありますが、その中でも特に群を抜いて活躍してくれるのがタンパク質です。お肉やお魚、大豆製品や乳製品などに多く含まれていますね。

 

 

成長期にはこのタンパク質の量は不足してはならず、この時期に食べる量が減り摂取量が少なくなってしまう事で、背が伸びにくくなってしまうんです。

 

 

それだけでなく、筋肉の付き方が弱くなるなどの、スポーツに取り組んでいるお子さんには不利に働いてしまう事にも繋がってしまいます。

 

 

ただ、何でもかんでも適当にタンパク質を摂っていれば良いと言う訳でもないんですよ。そこでこのページでは、タンパク質をどのように摂ればいいのかについて書いていこうと思います。

 

 

スポンサーリンク


 

 

なるべく脂質の少ない物を選ぶこと

 

 

お肉やお魚などの脂の乗った身はお口の中でとろけ、この上ない美味しさを私たちに感じさせてくれます。サーロインですとか霜降り肉って美味しいですよね。私も大好きです。

 

 

ただ、やはり美味しいのに訳があり、脂質が多く含まれているからこその旨みなんですね。当然食べ過ぎてしまったのでは身体にみるみるうちに脂肪が蓄えられて行ってしまいます。

 

 

背を伸ばしてくれるのはあくまでもタンパク質であって、脂質は一切関与しませんので、出来る限り日頃の中では、脂身の少ない低脂質で高タンパクな食べ物を利用した食事を心がけていけると良いです。

 

 

牛よりも豚、豚よりも鶏

 

 

食卓に並ぶお肉は主に、牛肉、豚肉、鶏肉がほとんどかと思います。この中で1番脂質が多く含まれているのは牛肉です。

 

 

部位によってはヘルシーなところもあるのですが、総合的に判断するのであれば、脂肪分が多いお肉順に並べますと、牛肉>豚肉>鶏肉になります。

 

 

ちょっと今日考えている献立は脂肪分が多いかな?と感じるようであれば、タンパク質としてお肉はなるべくヘルシーで高タンパクな鶏のささみを使ってみる、と言うのも1つの方法です。

 

 

ただし偏り過ぎてしまうのも考え物。やはりあらゆる食べ物から栄養素を摂りいれて行くのが好ましいですので、今日鶏肉を使ったら明日は豚肉、お肉ばかりじゃダメだから、明後日は魚を使った料理にしよう、など日々の献立にバリエーションを付けていく事も、成長期の子どもたちの背を伸ばす上では外せないポイントです。

 

 

調理法も工夫してみる

 

 

どのお肉をどう料理して行くのかも結構大切です。

 

 

例えば、から揚げなどの揚げ物はいくらヘルシーな鶏肉とは言え、余分なカロリーを摂ってしまう事になりますし、脂肪分の多いステーキであったとしても、赤身の部分を食べて脂身は残すようにする事で少しでも脂質の摂取を減らせるようになります。

 

 

初めから脂身は調理に使わないと言うのも工夫の1つですし、豚肉を油で炒めるから、蒸した料理に変更するなどを行っていけば1回の食事だけでも200kcal以上は減らす事が出来るんですよ!

 

 

脂身にはたった10gでも70kcal分の脂肪が含まれていますから、出来る限りカットして行きたいものです。太りすぎも背が伸びなくなってしまう要因になりますので気を付けて下さいね。

 

スポンサーリンク