トップへ戻る

血糖値を上げない食べ方を意識して行く

血糖値を上げない食べ方を意識して行く

 

 

背を伸ばすためにはご飯をきちんと食べる事が重要になってきますが、何をどのような順番で食べるのかについても忘れてはいけません。

 

 

 

特に、一口目からいきなりご飯やパン、さらにはうどんなどの高炭水化物の食品から口にしてしまいますと、血糖値が急上昇してしまうため、早くにお腹が膨れてしまって、成長期に必要な栄養素が十分補給出来ないまま食事が終わってしまうと言う事もあります。

 

 

 

それだけ、ご飯を食べる順番って見過ごす事が出来ないんですよ。食事を摂る際において大切なのは、出来る限り血糖値を急激に上げないようにゆっくりと食べる事。

 

 

 

それではどのように食事を摂って行けばいいのかについて解説をして行こうと思います。

 

 

スポンサーリンク


 

 

低GIの食品から食べるようにする

 

 

結論を言ってしまえば、出来る限り低GIの食品から食べ始めるのが理想的であると言えます。

 

 

 

低GIの食品とは、例えば糖質の吸収を緩やかにしてくれるような食物繊維を多く含む食材がこれにあたります。ごぼうやレンコンさらにはサトイモのような食材ですね。

 

 

 

そして、次に食べて行くと良いのがお肉やお魚などのタンパク質、最後に白米やパンなどの主食を摂りいれるようにします。

 

 

 

お腹が空いていると、お肉や主食系からがっつきたくなってしまいますが、そこをいかに我慢して野菜などから食べ始めるかと言うのが大切になると言う訳ですね。

 

 

 

あまり食事本来の楽しみを味わえなくはなってしまうのですが、血糖値の上昇を抑え、少しでもご飯を多く食べて行き栄養素を摂取したいのであればこの食べ方がおすすめです。

 

 

丼ものだけと言うのは血糖値を上げる原因に!

 

 

仕事や家事などで疲れてしまい、どうしても調理をしたくない時ってありますよね。

 

 

 

そんな時はカレーや親子丼など、しっかりエネルギーを摂る事が出来る1品だけで済ませたくなりますが、このように炭水化物を多く含んだ丼ものだけ、と言うのは血糖値を急上昇させてしまう原因になってしまいますのでお気を付けください。

 

 

 

とは言いつつも、時間が無い時などは1品だけの料理はものすごく便利ですよね。

 

 

 

必ずしも、カレーや親子丼がいけないと言う訳ではありませんが、そのような場合は小鉢を用意したりサラダを作っておくなど、必ず野菜類もプラスするようにしてくださいね。

 

 

 

初めに野菜類を胃に送っておけば、急激に血糖値が上昇すると言う事もありません。時間が無い時はコンビニで売っているようなサラダでも構いませんので、1品だけにならないように心がけて行きたいところです。

スポンサーリンク