トップへ戻る

背を伸ばすなら野菜よりも肉類が圧倒的におすすめ

背を伸ばすなら野菜よりも肉類が圧倒的におすすめ!

 

 

最近ではダイエット志向が昔に比べて強まっているため、お肉よりも野菜を中心にした食事を摂る方が増えているのが特徴です。

 

 

 

野菜を中心とした食生活を送る「ベジタリアン」や、お肉やお魚などはもちろんの事、乳製品や卵などの動物性食品を一切摂らない「ヴィーガン」などがこれに当てはまりますね。

 

 

 

ですが、子どもがこれから背を伸ばすと言う事を考えるのであれば、こうした野菜中心の食生活よりも、出来る限りお肉などのタンパク質を重要視した献立を考えて行く事が大切になってきます。

 

 

スポンサーリンク


 

 

身体を構築する成分がタンパク質です

 

 

私たちの身体を構築してくれているのは、何を隠そうこのタンパク質です。筋肉を始め、皮膚や髪の毛、血管などは全てタンパク質が原材料となって出来ています。

 

 

 

詳しい効果などにつきましては、タンパク質のページで詳しく解説をしていますので、こちらも併せてご確認して頂けたらと思います。

 

 

 

さて、このように身体のほぼ全ての器官を構成している重要なタンパク質ですが、日々古い細胞は捨てられていき、新しい細胞に生まれ変わっているのが特徴です。

 

 

 

生きている限りは常にタンパク質を必要とする訳ですので、特に背を伸ばす時期である成長期の間には良質なタンパク質を摂り続けて行く事が求められる訳です。

 

 

植物性の食品より動物性のタンパク質を

 

 

タンパク質には植物性のものと動物性のものがあります。豆腐や納豆などの健康的な食品からじゃダメなの?と疑問に感じる方も恐らく3割はいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

 

必ずしもお肉やお魚などの動物性タンパク質ではなく、大豆製品を始めとした植物性のタンパク質でも十分に補う事が可能ですが、どうしてお肉やお魚などの動物性の方が推奨されていると思いますか?

 

 

吸収率の違いで見る

 

その答えは吸収率の違いにあります。

 

 

タンパク質の吸収率を表す指標としてプロテインスコアと言うものがあるのですが、これが高ければ高いほど身体に吸収されやすく、低いほどあまり身体に摂りいれられないのが特徴になるんですね。

 

 

 

 

そして、植物性由来のタンパク質では動物性由来のタンパク質に比べ、てプロテインスコアが極度に低いと言う事実があります。

 

 

 

詳しくは以下の表をご覧頂くと分かると思います。

 

 

 

植物性タンパク質のプロテインスコア

 

・精白米・・・81

 

・木綿豆腐・・・67

 

・小麦粉・・・56

 

・トマト・・・51

 

・ほうれん草・・・41

 

 

動物性たんぱく質のプロテインスコア

 

・鶏卵・・・100

 

・牛乳・・・85

 

・鶏むね肉・・・84

 

・牛肉・・・80

 

・鮭(生)・・・78

 

 

お肉を中心にバランス良く野菜も摂る

 

先ほどの表を見ると、植物性のタンパク質よりも動物性のタンパク質の方がプロテインスコアが高いと言う事がお分かりいただけたかと思います。

 

 

 

例えば、100gの牛肉にはおよそ20g程のタンパク質が含まれているのですが、プロテインスコアは80ですので、計算をしてみると

 

 

 

20g×80%=16g

 

 

体内で吸収されるのは計算上だと16gものタンパク質を摂りいれる事が可能になると言う事です。

 

 

 

次に木綿豆腐を例に挙げてみますと、100gあたりに含まれているタンパク質量はおよそ6.6gとなりますので・・

 

 

6.6g×67%=4.4g

 

 

およそ4.4g摂取出来る事になります。

 

 

 

プロテインスコア自体低めである事、さらには含まれているタンパク質量の少なさと言う2つの観点から見ると、植物性のタンパク質よりも動物性のタンパク質の方が優れていると言う事が分かるかと思います。

 

 

 

とは言え、それじゃあ動物性のタンパク質ばかり食べていれば良いのかと言われればそうでもなく、結局のところはお肉やお魚などの動物由来の食品を中心としていきながら、適度に植物由来のタンパク質を摂りいれていくようなバランスの良い食事が求められる訳です。

 

 

 

プロテインスコアの他にはアミノ酸バランスと言う指標もあるのですが、バリン、ロイシン、イソロイシンなどのアミノ酸を満遍なく取り入れて行く事で背が伸びて行きます。

 

 

 

牛肉が良いからと牛肉ばかり食べるのではなく、豚肉や鶏肉にしてみたら、納豆やほうれん草などの植物性のタンパク質を上手く摂りいれて行く事でぐんぐん身長が高くなって行くと言う訳ですね。

 

 

 

プロテインから栄養を摂りいれてみてもgood

 

 

タンパク質は何も食事からしか摂って行けない訳ではありません。日頃の食事から全体的にタンパク質が不足しているな、と感じるようであればプロテインなどのサプリメントから摂取して行く事で不足分のタンパク質をきちんと補う事が出来ます。

 

 

 

お肉にはタンパク質の他に炭水化物や脂質などの余分な成分が含まれていますが、プロテインパウダーには炭水化物や脂質を極力抑え、タンパク質をメインとしたものが販売されていますので、効率よくタンパク質を摂っていきたいのであればおすすめ出来ます。

 

 

 

また、プロテインは子どもは摂らない方が良いのでは・・?と言う意見もありますが、実際には心配をする必要はありません。

 

 

 

あくまでもプロテインはタンパク質を効率よく摂取するためのサプリメントに過ぎないので、副作用や体調を崩すと言った悪影響が発生する事はないです。

 

 

 

今ではジュニアプロテインと呼ばれるキッズ専用のプロテインもありますので、このようなサプリメントを利用してみるのも1つの方法です。

スポンサーリンク